積み重ねた思い出を自分が楽しむサイトです。

日本全国を飛び回る友へ

三種の神器 2017/06/15

2012年5月のバッグの中身です。
これにiPhoneが加わりますが、当時はテザリングサービスが無かったので通信装置が有ります。
これが、外出先や旅行の時のミニマムな荷物でした。


究極のモバイル組み合わせはこのようになります。

MacBook Airの無かった2003年はこれを使ってました。

Thinkpad240
Celeron(TM)プロセッサ300MHz
B5サイズでありながらすべてのインターフェースを備えているパソコンは少ない。
シリアル (9ピン)、パラレル、ディスプレイ、マイクロフォン、
ライン入力、ヘッドフォン、マウス / キーボード共通ポート、
外部ディスケット・ドライブ、USB
贅沢な構成でこれ一台を持ち歩けば何もこまらない。


そして2007年・・・
旅行で、iPadなどのタブレット型のコンピュータを使うという選択肢が増えました。


とことんシンプルさを追求するならこんな組み合わせも面白いと思います。
しっかり仕事をすることが出来ます。


20年前からバッグ一つでどこでも仕事が出来る環境を追求してきましたが、ハードとソフトが揃ってなかったので長い間モバイル生活の最強の組み合わせは
ノートパソコンと、
USBスティック型データ通信端末
の組み合わせでした。
タブレットが登場してもパソコンが不要になることがないため、携帯電話とノートPCの組み合わせから抜け出せませんでした。

2017年、ひょっとしたら長年の夢だったiPadだけをバッグに入れて外出しても不便を感じない時代になってきたのか?

考察して見ました。
仕事内容(普通の場合)
エクセルでのデータ入力(追記とテンプレートからの変更)
ワードで文章を作成
パワーポイントでプレゼン作成とプレゼン
が、できれば問題ないというのであれば、バッグの中にiPhoneとiPadがあれば仕事が出来ます。
※仕事の効率は別に考えます。

一つの提案として、
iPad WiFi 469g 32GB ¥37,800
Microsoft Universal Mobile Keyboard 365g 日本語(JIS)¥5,678
iPhone 5s 以降
が、外出時三種の神器となります。
iPhoneを除く重さが834グラムです。
43,478円の投資になります。
中古を探せば3万円以内で揃えることが出来るでしょう。


この組み合わせより軽いノートパソコンは、
レノボ・ジャパン YOGA BOOK 10.1 インチ 690g
富士通 LIFEBOOK UH 13.3 インチ 777g
ぐらいです。

軽さだけで選ぶなら上記2機種もあるでしょう。

その他の組み合わせで後悔しそうな選択肢
iPadの代わりにするもの
×iPad mini 文字が小さい(9.7インチに恋い焦がれるようになる)
×iPhone さらに小さい(この組み合わせは有り、以外に良い)
×iPad Pro デカくて重い(ノートの方が良いと思うようになる)
△アンドロイド(エクセル・ワードなどのアプリが動けば可)
キーボードは必須
キーボードは使うか使わないかの二択で、使うならしっかりしたキーボードが必要
(中途半端だと後悔する)
Microsoft Universal Mobile Keyboardは、iPadを立てる台が付いている。
他のbluetoothキーボードを選ぶ場合は、こんな台が必要


最後に
パソコンを使っている人(自分も含めて)と、データを共有して更新する場合はクラウドドライブを使います。
自分の端末でなくてもデータ更新ができる強みがあります。

さ、一緒にチャレンジしてみますか?

なんか、快適に使えるよ・・・


共有も出来そうですね(^^)


快適モバイル生活

関連する記事